まーぼーおじさんのこと

滋賀を拠点に活動している手作り楽器の音楽劇団。
主宰は河合正雄ことまーぼーおじさん。
うれしい時は、ピッピリピ~ッ♪哀しい時は ルラルラル~~
腹が立ったら ドンガラガンガンガーーーーン!!
音楽というのは音を楽しみ、 自分の気持ちを人に伝える事が本当の姿だと思います。
高価な楽器を使った演奏でなくても、 日常のチョットした「音」で人間性や自分らしさを取り戻せたりします。

大事なのは、どんな道具で演奏したかではなく、
どれだけ気持ちをこめて「音」を出せるか、ということです。
「手づくり楽器演奏」を通じて、一人でも多くの人に 音楽の本当のすばらしさを伝えたいと思い 「音楽劇団てんてこ」をはじめました。

まーぼーおじさん

まーぼーおじさんへインタビュー

▼手づくり楽器を作り始めたきっかけをお聞かせ下さい。

演劇を中心にした作曲家として、300曲を超える楽曲を劇団に提供していました。その活動の中で特にヨーロッパの音楽劇団に強い興味を持ちました。当時のヨーロッパでは、1つの劇団で音楽と演劇のバランスが片寄ることなく高いレベルで成り立っており、質の高い公演がされていました。その影響から、演劇、音楽、歌、楽器、何でもできる音楽劇団を結成したいと考えるようになりました。各国の演劇には現地の音楽が必要であり、そのためには現地の楽器が必要となりました。当時は海外の楽器がなかなか手に入らず、その頃から手づくり楽器を作成して現地の音を作っていました。楽器を作っていく中で、現在の生活に潜む色々な音を使って色々な表現をしていきたいと考えるようになり、メンバーを募り『音楽劇団てんてこ』を結成しました。

▼楽器を作り始めて楽しかったことはどんなことですか。

音は人間の生活から生まれるもので、音を鳴らすことによって音楽になります。多くの人が楽器に対して難しいイメージを持っているように思いますが、音の出る原理はそれほど難しくはありません。
周りを見回せば、楽器になる小材料は山ほどあり、またその素材は色々な音を発します。音は人の心に一つの感情を作り出し、音程やリズム、違う音との組み合わせなど、音をうまくコントロールすることにより、心の中に芽生えた感情をさらに拡げていくことができます。人のこころを拡大していくことこそが音楽の持っている芸術性だと考えています。

音楽活動の中で新しい音と出会い、音程やリズムをコントロールすることにより、人の心がさらに変化していくというところに音楽の楽しさを感じます。手づくり楽器を通して、音楽が身近で楽しいものであることを、より多くの人に理解していただきたいと感じています

竹マリンバ

▼活動を通して伝えたいことを教えて下さい。

身の回りにあるものが楽器になると、大人でも子供でも気持ちが豊かになります。私達はバケツや空き缶、フライパン等を用いて様々な音楽を奏でます。子供はそれらの楽器から奏でられる音を聞くと純粋な反応を示します。手づくり楽器での演奏は、まだ常識にとらわれていない子供にとっては不思議なことではありません。むしろ、「楽しそう」「やってみたい」と感じるようです。大人は学問としての音楽を勉強してきていることで、生活の中から生まれた音を音楽として聴くことが難しくなっています。
フライパン シロフォン
現在の教育ではある一定条件の中で正解、不正解が判断されています。その為、一定の条件下では即対応することが出来ますが、条件が変わったり、条件が無くなったりすると対応できなくなる危険性を持っているように思います。また、一定の条件に縛られて自由に表現が出来ないという一面も持っています。
もちろん常識という条件を理解した上で判断することが教育の大きな役割ですので、私達は課外授業の一環として多様な条件判断、条件の無い中での自由な発想を子供達に伝えていきたいと考えています。音楽は音響心理学の側面があり、子供たちには無限の表現方法を身に付けてもらいたいと考えています。1回の公演時間は約1時間から2時間と短い時間ですが、形にこだわらない多様な表現をダイレクトに理解してもらい、子供一人ひとりが条件に縛られること無く、また条件を使い分けて自由な表現力を身に付けてくれることを願っています。

てんてこ代表 まーぼーおじさん【河合正雄】